歯科助手と歯科衛生士の違い

歯科助手の仕事の範囲

歯科医院には、医師の他には歯科衛生士や歯科助手がいます。規模が中程度以上では歯科技工士も在籍しています。それぞれに担当する範囲が異なっていますので把握しておきましょう。

有している資格によって持っている知識や技術も別々のものとなっています。したがって他の人の仕事に手を出してはいけないのです。スキルの違う人同士で協力し合って医療サービスの提供を万全にしていきます。

歯科助手は受付や医師のサポートを担当することはあっても、直接患者さんに注射をするようなことはありません。

あるとしても歯形を取るような初歩的なことだけなので、他の担当者がいくら多忙だといっても、親切心のつもりで手伝うようなことがあってはいけないのです。

失礼でもありますし、万が一不手際があって患者さんに何か深刻な問題でも起こった場合胃には責任が取りきれません。して良いこととそうではないものの区別に関しては明確にして下さい。

歯科衛生士との違い

歯科衛生士と歯科助手ではまず資格が異なっています。歯科衛生士が国家資格であるのに対して歯科助手は民間の認定資格です。これは資格そのものの価値ということではなく、持っている知識レベルの違いを指しているものです。

歯科衛生士は患者さんに対して施術出来る部分も持っています。それだけの学習や研修なども行ってきています。歯石を取ったりするので、それが許可されていない歯科助手とは明らかに異なっています。

特に歯科衛生士の中には、歯科助手と一緒に見られたり間違われることを嫌がる人が稀にいます。接し方には注意をしましょう。

見解の相違がある程度の問題ですので、気にしなくても構わないときもあります。これは人によって、病院によっても違っています。

うまく連携しながら人間関係も良好であることが多いので、それほど深刻に不安を感じることはありません。歯科医師と歯科助手の中間に歯科衛生士がいるという序列になりますね。

⇒自分に合った通信講座の選び方

↑歯科助手の通信講座の選び方を解説しています。自分に合った通信講座を選びましょう!

このページの先頭へ