歯科助手とは?

歯科助手の仕事

歯科助手とは、歯科医を初めとして歯科医院の業務全般をサポートする仕事を言います。受付から会計までの仕事をこなして歯科医院の顔とも言える存在ですね。

歯科専用の言葉などもありますので、最初は難しいかもしれませんが、あらかじめ資格を取得していると特に問題もないでしょう。雑用も仕事の1つに入りますが、大事なことになりますよ。歯科衛生士とは、仕事内容が異なりますので範囲内での仕事をしていきます。

最近では、どこの歯科医院も混み合いますので、予約の管理と急患の対応には工夫が必要でしょう。歯科医が治療を行うときのサポートもしますので、使用する道具の名称などの把握もしなくてはいけません。

体力的な負担が比較的少ないことから、長年続けられる仕事でもあります。資格は必須ですが、一定期間後の更新が必要なものではありません。国家資格ではないのですが必要スキルとして身につけましょう。

歯科助手がして良い内容

歯科助手の仕事内容には、どのようなものがあるのでしょう。受付・会計、歯科医の補助、使用する道具の洗浄や院内の清掃、そして患者さんの案内など様々なものがありますね。

受付・会計の担当、補助の担当として分けている歯科医院もありますが、中には全てをこなすことになる小規模な歯科医院もあります。

一般的に2〜3人は歯科助手の常駐をしていますので、それぞれシフトで担当をすることになるでしょう。それほど負担がかからないようになっていますので長くつとめられる理由の1つとなっています。

歯科衛生士の中には、歯科助手と間違われることを嫌がる人もいて、病院によっては多少の人間関係の問題が発生することもあるようですが、あまり多くはありませんね。参考までにご紹介はしますが、深刻なトラブルにはならないそうです。

やはり歯科衛生士にも国家資格を取得しているということがあって、助手と間違われて患者さんに呼ばれるのを快く思わない人がいるのです。

歯科助手の需要
歯科助手の需要は比較的明るいと言ってよいでしょう。勤務先である歯科医院は年々増加しています。

歯科医院が増える理由
歯科助手が増える理由は少子高齢化や各歯科医院が専門分野に特化することで歯科医院が増えるからです。

年齢に関わらず末永く働けます
歯科助手は若い人が多いように思えますが、比較的年齢の高い方もいます。体力的負担が少ないので末永く働ける仕事です。

転職先も豊富にある
歯科助手のメリットに転職先が豊富にあるということがあります。歯科医院は全国各地にかなりの数がありますので、転職先には困りません。

長期休暇は取れるの?
歯科助手は女性が多い職場なので、産休や育休、介護休暇などの長期休暇は取りやすい方です。

⇒自分に合った通信講座の選び方

↑歯科助手の通信講座の選び方を解説しています。自分に合った通信講座を選びましょう!

このページの先頭へ